うつ病の症状をしっかり改善【ココロも体も健康になれる方法を伝授】

笑顔の男性

精神疾患

相談

悪循環に陥ります

うつ病は、多くの場合様々な精神的ストレスが原因で発症する病気です。気分の落ち込みや焦燥感、不安感などの心理的な症状がある一方で、不眠や肩凝り、頭痛などの身体的な症状も多く見られます。このような症状が現れたら注意が必要です。うつ病は症状が軽いうちに対策を講じることが大切な病気と考えられています。放置しておくと、脳の機能が低下してさらに悪循環に陥ることが問題です。昨今では、うつ病に脳機能の問題が関係していることが分かってきています。この病気になると脳の血液の流れが少なからず停滞するのが特徴です。こういった症状が長期化すると回復が遅れるのはもちろんのこと、ネガティヴな言動が生じやすく時に自殺などを引き起こしてしまうことが懸念されます。早目に専門医の診察をうけることが出来れば、抗うつ薬などを使用して症状が悪化するのを防ぐことが可能です。うつ病の治療薬は実際に効き目を発揮するまで約1週間程度はかかります。ですので、出来るだけ早い時点で服用を開始することがコツです。うつ病の場合には、考え方自体がマイナスになりがちです。ですので、薬治療と合わせて認知行動療法などの心理的アプローチを行なうことが根治を目指す場合の一般的なスタイルとなっています。

エネルギー補給が必要です

うつの症状がある場合には、概して心身のエネルギーが不足しています。こういったエネルギー不足を解消する方法の一つが、睡眠です。うつ病になると、よく眠れないといった症状が起こります。不眠状態にあると、翌日のエネルギーが確実に低下するのが常です。睡眠は心身のエネルギーを補給するためにベストな方法と言えます。うつ病になると、健康な状態にある時よりも多くのエネルギーを消費してしまうのが厄介な点です。ですので、うつ病の時にはまずは十分な睡眠をとることが早期回復を促します。精神科や心療内科では、こういった点を踏まえてうつ病の治療時に睡眠導入剤などを処方します。回復を促すためのエネルギー補給をまずは優先するのが、このような診療科です。薬の効果である程度症状が落ち着けば、必要に応じて認知行動療法などが実施されます。段階を踏んで治療を行ない、無理のないペースで回復を試みることがポイントです。うつ病の場合には回復を焦るのは禁物と言われています。周囲が本人を励まし過ぎることも却って症状を進ませる一因となるため、出来る限り静かな環境での休息を勧めることが重要です。旅行やレジャーなども場合によっては、本人の負担になり得ます。