うつ病の症状をしっかり改善【ココロも体も健康になれる方法を伝授】

笑顔の女の人

早目に気付く事が大切です

悩む男性

うつ病は、心身に普段とは違った症状が出始めます。疲れがとれない、苛々する、集中力がなくなるといった症状が出始めると注意が必要です。他にも多くの症状が出るため、自分の体や心に何らかの不調が続く場合には、専門の病院を受診する事が重要です。

View Detail

周りの人がうつになったら

看護師

以上、うつ病の症状と接し方を簡単に説明しましたが、まず何より大切なのは病院や診療所などの専門機関にかかることです。私たちは素人なので、決して安易に判断するのはよくありません。しかし同時に、心の病気は周りの人の支えが不可欠です。あわてず急がず、気長に本人の復帰を待つ姿勢がなにより大切だということです。

View Detail

長引く心身の不調の正体

笑顔の女性

うつ病は単なる気分の落ち込みではありません。体や心に症状が現れ努力しても改善が見られません。始まりは疲れが取れず食欲がないことや睡眠障害として現れたり、感情が落ち込みやる気が出ないことがあります。病院を受診し治療をすることでうつ病はよくなります。

View Detail

精神疾患

相談

うつ病の症状が現れたら、放置することは禁物です。悪循環に陥る危険性があるため、出来るだけ早く専門医の診察を受けることが求められます。うつ病で生じるエネルギーの不足を補うためには、十分な睡眠をとることが必要です。

View Detail

うつの兆候

頭を押さえる女性

様々なトラブルが現れます

うつ病の症状には、かなりのバリエーションがあります。一般的に知られているのは、極度の気分の落ち込みです。こういった落ち込みは特に朝方にひどくなる傾向があり、夕方にはやや回復の兆しを見せます。こうしたことから、朝スムーズに起きることが出来ないといった現象も、うつ病の典型的な症状です。また、うつ病になると不眠にも悩まされるのが常です。眠りが浅くなり、翌朝にも熟睡感が得られないためさらに症状が悪化します。昼間は概して疲れやすくなり、集中力が低下することが多いです。そのため、それまでこなしていた仕事や家事が実行出来なくなることが少なくないと言えます。このような時に、自分を責めてしまうのがうつ病の特徴です。感情的な変化としては、強い自己否定感が生じることが挙げられます。重症化すると、本人が生きている価値がないと思い込んでしまうケースがあり、時に自殺念慮などに繋がるのが厄介な点です。精神科などにおいては、抗うつ剤での治療が行われます。抗うつ剤は飲み始めたら自己判断でやめるのは非常に危険です。離脱症状が起こるとうつ病の症状が急速に悪くなる場合があるため、医師の指示に従って徐々に減量することが必要になります。

薬を変えるのも有りです

うつ病の治療で用いられる抗うつ剤の種類は、現在非常に増えています。この手の薬は、少なからず脳内の神経伝達物質に働きかける性質をもつのが常です。従って、体質によっては様々な副作用が現れます。例えばあるタイプの抗うつ剤が引き起こす副作用が、不眠です。また、口の渇きや便秘なども起こり得ます。このような副作用が現れたら、うつ病の場合には薬を変えることも一つの方法です。医師に相談することで、大抵は違う薬に変更してもらうことが出来ます。昨今では、漢方薬やサプリメントを処方する病院も見られるようになりました。こういった医療機関を受診すれば、薬の選択肢は増えます。漢方薬やサプリメントは一般的に副作用が少ないため、治療のサポートアイテムとしては優秀な素材です。時に食生活の乱れがうつ症状を引き起こしていることがあり、アプローチを変えてみるのも一つのアイデアとなります。脳機能に良い影響を与えるオメガ3などが、うつ病の改善には期待出来る成分です。うつ病は、実の所血液の流れが滞る冬場に多く発症する傾向を持ちます。ですので、様々な方法で脳の血流を上げることは症状の改善が望めるアプローチです。抗うつ剤以外の改善法を探すことが、副作用を減らすためのコツと考えられます。